住空間の専門家として学ぶ

内観

ライフスタイルに活かす

建築学科などの学生にとって、関連資格として興味が持たれているのが、内装や家具、住宅設備などのインテリアに関する知識の習得です。専門学校ではインテリアコーディネーターの資格を取得し、さらには就職に繋げるためのノウハウまでが養えます。インテリア業界で活躍を目指す目的で、主婦や住宅・インテリアメーカーなどからもキャリアアップや再就職目当てで専門学校に通う社会人も増えています。製図の基礎知識など、初学分野から始めることができるのも魅力で、多彩なスキルを持つ講師が講義を担当してくれるのが一般的です。歴史や構造や構法など、難しい分野などがビギナーにはネックですが、こうした分野を分かりやすく指導してくれます。身の回りのアイテムが関連する学科では、生活にも取り入れられるノウハウを吸収することもできるため、家具配置などの模様替えなどに役立てることもできます。

デザインとアドバイザー

専門学校のキャンパスで開講する教育カテゴリーに、インテリア業界に精通するコーディネーターの学びも挙げられています。資格までが取得でき、専門的な知識とセンスを活かすことが期待できます。主に住宅・インテリアメーカー・設計事務所への就職を目標とした専門学校での学びですが、デザイナーとコーディネーターの2種類の異なる学びが提案されています。建築系・美術系の専門学校に分かれていて、コーディネーターの役割は快適な住空間を作るために適切な助言を行う内容です。一方、家具や照明器具などインテリア用品のデザインにはデザイナーの学びが必要です。クリエイティブな感性や色彩感覚、建築構造や材料など、学ぶ専門知識に違いが生じるために、インテリアとひとくくりにできない点に注意が必要です。

Copyright© 2017 ネイルの資格で世界一のネイリストを目指そう|専門学校は登竜門 All Rights Reserved.