ペットとの携わり

婦人

独学ではないプラスの学び

トリマーとして、トリミングに役立つ技術を身に付けることが就職には有利に働きます。トリマー育成を視野に入れた専門学校での教育は、知識や技術を習得するにも有利です。免許が必要な国家資格ではないため、通信講座で勉強することも可能ですが、育成・養成を目的とした専門学校での学びが様々な利点に結び付きます。例えば、トリマーの資格は民間団体によって得られるものの、合格基準が異なる級が存在しています。就職先としてトリミングも行うペットショップ、動物病院などにあわせてプラスαとして取得可能です。また、ドックショーの開催などを行う団体では認定試験として、C級からA級、さらに教士や師範などまでの級が展開されています。最近ではペット専用のサロンや飼い主向けのしつけ教室なども人気で、デザインセンスだけに特化するのではなく、就職先や学力に合わせた学びも必要です。ペットニーズが多様化している昨今、需要としても求めるべきスキルです。

様々なスキルを持つ

実際、独学でトリマーの資格を取得するには難しいところが多々挙げられます。例えば、トリマーの言葉通り、動物のトリミングを行う機会が多く、ヘアカットも実に様々に提案されています。動物の美容師としてデザインセンスも求められる専門分野であり、資格を取るにも犬や猫の種類によって毛質も異なるため、技術の習得が必要です。さらに動物は暴れる危険性もゼロではないため、時に体を張るなどの体力勝負となる場合もあります。動物好きだけでは、専門となるフィールドで活動するにも難しい場合があります。もちろん、動物との対話が難しく、飼い主とのコミュニケーションの能力も問われるため、トリマーとして深い知識や経験が養える専門学校での学びが必要です。

Copyright© 2017 ネイルの資格で世界一のネイリストを目指そう|専門学校は登竜門 All Rights Reserved.